toggle
2016-01-31

Splatoon シオカライブ2016に行きました(感想/レビュー)

闘会議2016のゲーム音楽ステージで催された「Splatoon シオカライブ2016」に行きました。感想を書いてみようと思います。

splatoon shiokalive2016 Splatoon シオカライブ2016に行きました(感想/レビュー)

当日は天気予報で大雪かもしれないということでしたが、雪が降ることもなく午後から雨が止みました。気温はとても寒くて凍えそうになりながら、幕張メッセへと向かいました。

そもそも闘会議というイベントの趣旨が今一理解できていないのですが、ゲームの祭典ということでしょうか。スプラトゥーンの全国大会があったり、他にも沢山のゲームが参加型の形式でイベントを行っていました。

splatoon shiokalive2016 2 Splatoon シオカライブ2016に行きました(感想/レビュー)

僕はスプラトゥーンのブースでイベントを見たりバトルステージのスタート地点が再現されたステージで写真を撮ったりして「Splatoon シオカライブ2016」までの時間をワクワクしながら過ごしていました。

そして、少し早めにゲーム音楽ステージに行くと「TEKARU feat. Kenji Nakajo」というゲームミュージックのバンドの演奏が始まったので、観ているとなかなか愉快で演奏力も高くてライブとして楽しめました。

タイムテーブル的には少し押し気味だったのかな、「Splatoon シオカライブ2016」は17時15分頃に始りました。このライブが始る頃にはゲーム音楽ステージの周りにはエリアに入れない観客で一杯になり、まるでライブハウスの様な熱気に包まれました。

スプラトゥーンはいわゆるFPSと呼ばれるゲームをアレンジしたモノだと理解しているのですが、敵を倒すということや何かを奪取するということだけで競うゲームではありません。インクを塗ることで活動範囲が広がり隠れたり早く移動できる範囲を広げていくことで加点されることが特徴的なゲームなのです。塗りあうことで自分の陣地と相手の陣地の境界が鮮明になり最終的には自分達の色を多く塗った方が勝つというゲームの基本方針は相手をやっつけるということ意外に予め陣地を増やしておくということやマップに合わせた武器を選んだり、自分の性格や活動方法に合わせた武器を選ぶことで勝敗に寄与することができます。つまり、自分の性格に合った役割や方法でゲームの勝因に貢献できるというゲームなのです。

僕はこのスプラトゥーンをやることで集団的自衛権とは何なのか、後方支援がいかに大切かというようなことまでも学ぶことができる大人のゲームだと思っています。ただ単に一人一人が闘うことだけじゃなくオンライン上の4人の仲間と暗黙的な行動の中で、チームビルディングしてチームプレーすることが必須となるゲームの性質があることも面白さの一つです。如何に守るかということと如何に攻めるかということが表裏一体となっていることも魅力的で本当に良くできたゲームではないでしょうか。

スプラトゥーンというゲームはゲームの面白さだけでなく、音楽がとても良くてサントラを買ってしまいました。ゲーム音楽のサントラを買うなんてことは小学生の頃に買ったドラゴンクエストⅢのサントラ以来のことだと記憶しています。そもそも僕は大人になってからゲームを殆どやることはなかったのにスプラトゥーンを知ってしまってからは、この世界観にどっぷりと嵌ってしまっているのです。

splatoon shiokalive2016 3 Splatoon シオカライブ2016に行きました(感想/レビュー)

これまで数々の音楽のライブに行きましたが、まさか自分が二次元のキャラに向かって拳上げる日がくるとは思いませんでした。シオカライブ2016ということなのでゲームの中で出てくるシオカラーズという女の子のキャラ二人がステージ中央のスクリーンに映し出されて歌って踊るというものです。

スクリーンの脇と後ろにはドラム、ベース、ギター、キーボードなどの生演奏と同期した形でのステージは圧巻でした。サントラにも入っていますが、スプラトゥーンの音楽を生バンドの演奏スタイルで聴くとこれはまさにロックそのものですね。(当日、ベース奏者を見てBABY METALの神バンドのBOH氏っぽいとなと思いなが観ていたのでが、やはりBOH氏だったということでした。これも得した気分)初めてのスプラトゥーン関連ライブということで会場の熱気が凄くて涙が出そうになりました。これだけ感動できたのは久しぶりです任天堂ありがとう。

■2016年1月30日 シオカライブ2016 セットリスト

1.キミ色に染めて
2.イマ・ヌラネバー
3.ハイカラシンカ
4.マリタイム・メモリー
5.シオカラ節

スプラトゥーンのサントラにはとても沢山のイカした良い曲が収録されているのですが、今回はシオカライブってことですので、シオカラーズが歌っている曲が前提ってことなのだと思います。スプラトゥーンのサントラ全体をライブでやってくれることが叶いませんでしょうかね。そんな日がくることを楽しみにスプラトゥーンをやりながら待ちたいと思います。

 Splatoon シオカライブ2016に行きました(感想/レビュー) Splatoon シオカライブ2016に行きました(感想/レビュー)

Splatoon ORIGINAL SOUNDTRACK -Splatune- (デジタルミュージックキャンペーン対象商品: 400円クーポン) Splatoon シオカライブ2016に行きました(感想/レビュー)



関連記事