toggle
2015-08-16

サマーソニック2015に行きました(感想/レビュー)

サマーソニック2015、2015年8月15日(土)に観に行きました。サマソニは数年ぶりで最近は音楽フェス自体参加することがなかったのですが、今回のサマソニ2015はどうしてもBABYMETALが観たくて参加したみたいなものです。簡単にですがじっくりと観ることができた4組の感想やレビューを書きたいと思います。

summer sonic2015 サマーソニック2015に行きました(感想/レビュー)

ジリジリと日焼けしそうな蒸し暑い夏の一日が始まりました。幕張海浜公園にはめったに来ないのですが、駅を降りた瞬間からサマソニの熱を感じることができます。15:00頃に到着して幕張メッセまでの道のりをワクワクしながら歩きます。会場に入るとほんのりと冷房が入ってました。案外涼しくて体力を奪われる心配はなさそうです。

summer sonic2015 2 サマーソニック2015に行きました(感想/レビュー)

■BABYMETAL

BABYMETALのことはいつか詳細に書くことができたらいいなと思っているのですが、日本文化やポップカルチャーと密接に関連したBABYMETALを多く語れるほどの知識と言葉を持ち合わせていなくて、なかなか書けそうにありません。そして、BABYMETALは日本のポップカルチャーと音楽が本当の意味で世界に認められた初めてのアーティストなのではなかと個人的には思っています。

BABYMETALは神バンド目当てというかバックバンドの音とBABYMETALというプロジェクトが好きです。日本の文化や伝統をMETALという枯れ切った音楽の上で表現する新しいアーティストといえます。このBABYMETALは海外で人気の火がつき逆輸入型で日本で人気になっていきました。日本特有のアイドル文化とMETALが融合したことで、アイドル好きやロック好きに支持されていきました。死に絶えそうなぐらいに落ち込んでいたMETALというジャンルに世界中がもういちど希望を持ったということだけでなく、イノベーションを起こし既成概念を破壊してくれました。

僕はBABYMETALの大神様こと「大村孝佳」氏のギタープレイに魅了された一人です。当日はモッシュの嵐に巻き込まれないように後ろの方で観ていたのですが、もっと前で観るべきだと後悔しました。実際に観るBABYMETALは音だけでなく主役の3人の踊りの素晴らしさにステージに釘付けになってしまいました。BABYMETALの音が好きだったのですが、踊りの方も好きになってしまいました。踊りのことは素人でまったく経験もなければ理解もしていませんが、遠目からでも素晴らしい踊りであることが感じ取れます。音像という言葉があるように踊りにも像があるのではないか感じるようなとても素晴らしい踊りでした。そして、BABYMETALというプロジェクトに参加している全員がステージで光を放っていたことは間違いありません。

以下、ネットから拾ってきたセットリストです。

【BABYMETAL SUMMER SONIC 2015 8.15 幕張SET LIST】

01.BABYMETAL DEATH
02.メギツネ
03.ド・キ・ド・キ☆モーニング
04.あわだまフィーバー
(神バンドソロ)
05.Catch me if you can 
06.ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
07.Road of Resistance
08.ギミチョコ
09.イジメ、ダメ、ゼッタイ

<神バンドメンバ>
Gt:藤岡幹大
Gt:大村孝佳
B :BOH
Dr:青山英樹

■ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン

ジョンスペンサーは全盛期の『Orange』『Now I Got Worry』『Acme』が発表される1995年~1997年頃、まるでピカソの絵画を見るかのような音楽性を持っていたと思っているのですが、生で観るジョンスペンサーはちょっとがっかりでした。バンドのグルーブ感は出てないし、ギターはそれほど上手くは感じませんでした。。ミッシェルガンエレファントと対バンしていた頃があったようにガレージバンドっぽいエッジの効いたロックンロールを聴かせて欲しかったのに残念でした。ただ、5曲目を過ぎたぐらいから調子を上げてきて、いつものブルージーでロックンロールな音を聴かせてくれました。

■RADWIMPS

名前は知っている程度でしたが、幕張メッセのマウンテンステージ会場を一杯に埋め尽くす人、ひょっとしたら一番人が入っていたかもしれません。ただ、自分は年齢を少し重ねました。批判ではなくRADWIMPSの良さが本当にわからない。一生懸命観ましたが解りませんでした。少し前に人は35歳を過ぎると新しい音楽を受付けなくなるといった趣旨の記事が話題に挙がりましたが、どうなんでしょう。若者が熱狂している音楽に耳を傾けていっしょに感じ取りたかったというのが本音です。

■マリリン・マンソン

怖い。そして、圧倒的な存在感で出てきた瞬間に幕張のマウンテンステージ会場全体を異様な空気に変えてしまいました。黒い衣装に血塗られたメイクでマイクを振り回すパフォーマンスは圧巻ですが、聖書を燃やしたりステージ上で竹馬のようなものに乗ってみたりと、とにかくぶっ飛んでいます。『Mechanical Animals』以来、マリリン・マンソンをチェックしていなかったのですが、容姿は年相応になってより凄みを増したように感じます。

音楽のクオリティはとても高くバックバンドの演奏も曲もハードロックの完成度が高くて映画マトリックスで使われた懐かしい曲なども演じてくれました。マリリン・マンソンは不気味で怖いですが、彼はそれを演じているのだと思えてなりません、緻密に計算された音楽とSHOWはまともな人間じゃないと演じることはできませんし、これほど長い間、人々を魅了することができるアーティストというのは真面目な部分が多くあるのだろうと予想するからです。これからのマリリン・マンソンも楽しみに期待しようと思います。

以下、ネットから拾ってきたセットリストです。

【Marilyn Manson SUMMER SONIC 2015 8.15 幕張SET LIST】

01.Deep Six
02.Disposable Teens
03.mOBSCENE
04.No Reflection
05.Third Day of a Seven Day Binge
06.Sweet Dreams (Are Made of This)
07.Angel With the Scabbed Wings
08.Personal Jesus
09.The Dope Show
10.Rock Is Dead
11.Antichrist Superstar
12.The Beautiful People

summer sonic2015 3 サマーソニック2015に行きました(感想/レビュー)

■最後に

フェスに久々に行くとジェネレーションギャップを感じると共に自分も若返ったような錯覚に陥りました。自分が20歳ぐらいでフェスに参加してたときぐらいに生まれてきた若者と脈々と続く日本のフェス文化を共有できて感無量です。

これまでサマソニはマリンステージしか行ったことなかったのですが、幕張メッセの中でずっと観ているとトイレや飲料水の確保に困ることはまず無いですね。楽しむことだけを考えていれば良いのがとても過ごしやすかったです。会を重ねるごとに主催者サイドのスキルもフェスに参加する人々のモラルも上がりフェス文化が脈々と続くことを願います。



関連記事